• ホーム
  • 最新情報
  • 2017年
  • セーリング競技 齋藤大輔選手が第72回国民体育大会(愛顔つなぐ えひめ国体)第8位入賞いたしました。
最新情報|美浜株式会社

セーリング競技 齋藤大輔選手が第72回国民体育大会
(愛顔つなぐ えひめ国体)第8位入賞いたしました。

2017年10月4日

「齋藤選手の喜びの声」
2017年の国体は愛媛県 新居浜市 新居浜マリーナで開催され、
3日間 5レースが行われました。

初日、ほとんど風の無い状況で1レース行われ、13位につけ、なんとか入賞圏内の位置につけました。

2日目、無風が続き、レースが行われず
最終日も、風は吹き込まず、海上で長い風待ちが続き、
このまま大会終了の可能性もでてきました。

風待ちは3時間以上続き、選手が待ち疲れ、日没がせまる15時過ぎ、
突如、年に数回と言われる20ノットの北風が奇跡的に吹き、
この風で行われた3レースで順位をあげなんとか8位入賞できました。

最後まで諦めず力を出し切ることができ満足しております。
応援誠にありがとうございました。